ロックファームで働く人たち Interview

田中 良祐

次世代を担う農業をやりたいって本気で思っています

田中 良祐
農業事業部 生産課 久御山農場長

どうして農業の世界に入ろうと思ったんですか?

もともと僕は、漁師か農業がしたかったんです。子供の頃から自然に携わる仕事がしたくて。実際に、漁師の仕事も少ししていたんですが、農業に魅力を感じてロックファームに入りました。
そんな中で生産管理含め大切な業務を任せていただいています。
もちろん失敗もありますけど、任せていただけると責任持たないといけませんし、その分他の農業法人さんのところに勉強させてもらいに行ったり、何でも自主的に動くようになりました。今は忙しい毎日ですがすごく充実しています。

ロックファーム京都はどんな会社ですか?

僕は他の農業法人で働いたことはないですが、ロックファームのメンバーは意識が高いというか、夢を持って入って来ていると思うので、一緒に働いていてワクワクしますね。これからもみんながずっと夢を持ち続けていける場所にしたいなと思います。自然相手の仕事なのでもちろん思うように行かない事もありますし、体力的にもしんどい仕事ですけど楽しいですね。